8月1日(日)本日は開館日開館時間
10:00~19:00

閉じる
ニュース&トピックス
ディスカバリーパーク焼津天文科学館 > ニュース&トピックス > 天文情報 > 2016年8月12日、ペルセウス座流星群が極大!

2016年8月12日、ペルセウス座流星群が極大!

2016年8月12日、ペルセウス座流星群が極大!

8月12日から13日の夜は、いつもより多くの流星を見ることができます。ペルセウス座流星群が極大を迎えます。西の空に月が沈む夜半頃、北東の空からペルセウス座が昇ってきます。ペルセウス座流星群は、このペルセウス座の方向(右図の「放射点」のあたり)から四方八方に流れます。ですから、できるだけ広く空を見わたしましょう。夜空の暗い場所では、最も多いときで1時間あたり40個くらいの流星を見ることができます。また、この日の夜ほどではありませんが、前後数日は、普段より多くの流星を見ることができそうです。

2016年8月13日 午前2時の空

2016年8月13日 午前2時の空

プラネタリウムでペルセウス座流群を楽しもう!

ペルセウス座流星群の見え方や観察方法、流星群の仕組みを生解説で紹介する、ディスカバリーパーク焼津天文科学館オリジナル番組です。
プラネタリウム番組「ペルセウス座流星群を見よう!~流れ星のひみつ~」

関連リンク

国立天文台ホームページ「ペルセウス座流星群が極大」(外部サイト)

 

ページトップ