5月25日(土)本日は開館日開館時間
10:00~19:00

閉じる
ニュース&トピックス

2024年・春の星空ガイド

日ごとに暖かさを感じられるようになってきました。春の星空は目印となる星の並びが多く、星座探しの入門編としてもぴったりです。新生活の始まる季節、気持ちも新たに夜空を見上げてみませんか。

★春の目印「北斗七星」と「春の大曲線」
春の夜空で何より目印となるのは「北斗七星」です。北の空を眺めると、7つの星が“ひしゃく”を横から見たような形に並んでいます。“ひしゃく”とは、お寺や神社で水をすくう時に使う道具のことです。“ひしゃく”の持ち手は少し曲がっていて、このカーブを伸ばしていくと1等星を二つ見つけることができます。1つがうしかい座にあるオレンジ色の「アルクトゥールス」、もう1つがおとめ座にある青白い「スピカ」です。北斗七星から伸ばしたカーブを「春の大曲線」と呼んでいます。

★「春の大三角」からしし座を見つけよう!
アルクトゥールス、スピカ、そしてしし座の2等星「デネボラ」を結んだ三角形が「春の大三角」です。デネボラはしし座のしっぽにあたる星です。しし座の手がかりを掴んだら、その右側に“?(クエスチョンマーク)”を左右反対にした星の並びが見えてきます。こちらがしし座の頭から胸元にかけての星の並びです。しし座の胸元に輝くのは1等星「レグルス」です。北斗七星の先から4番目と3番目の星を結び、南へ伸ばすとレグルスを見つけることができます。

 

星空ガイド・プラネタリウムガイド

ページトップ