9月29日(火)本日は開館日開館時間
9:00~17:00

閉じる
ニュース&トピックス
ディスカバリーパーク焼津天文科学館 > ニュース&トピックス > 天文情報 > 8月12日(水)夜から13(木)明け方にかけて、ペルセウス座流星群がピークを迎えます。

8月12日(水)夜から13(木)明け方にかけて、ペルセウス座流星群がピークを迎えます。

今年は月明かりがあり、条件がやや悪い。月明かりを避けて見よう。

国立天文台によると、8月12日午後10時ごろ、ペルセウス座流星群の活動がピークを迎えます。流星が最も多くみられると予想される時間は、ペルセウス座が空高く昇ってくる13日の午前2時から3時頃にかけてですが、今年は12日の深夜に下弦の月が昇ってきて、夜の間ずっと空を照らしてしまうため、空全体が少し明るくなり暗い流れ星がやや見えにくくなります。そのため、月が昇る前の12日午後10時頃もおススメの時間帯になります。
また、明るい流れ星なら月明かりに負けず、見える可能性があります。
流星群の観察には、望遠鏡や双眼鏡は必要ありません。流星群の流星は、放射点を中心に空全体に流れます。星がよく見えるところなら、ペルセウス座を中心に空全体を見てみましょう。空が明るく星が見えにくいところでは、できるだけ星がよく見える方角を見た方が暗い流星まで見られます。また月や街灯など明るいものを視野に入れてしまうと暗い流星が見づらくなります。背を向けたり、建物の影から見るなど明るいものを避けて見てください。ペルセウス座流星群の流星は、ピークの前後数日間流れます。お盆休みに流れ星を待ってみるのはいかがでしょう。

ペルセウス座流星群の見え方(イラストはイメージです。一度にこれだけたくさん見えるわけではありません)

 

参考ホームページ

ページトップ