12月11日(水)本日は休館日

閉じる

イベント情報

固定ページ

イベント情報詳細

天文科学イベント
8素子電波望遠鏡除幕式
内容

焼津市出身の望遠鏡製作者 法月惣次郎氏が製作し、早稲田大学屋上に設置されていた「8素子電波望遠鏡」がディスカバリーパーク焼津天文科学館の前庭に移設されました。この望遠鏡は8個のラッパのようなホーンアンテナが特徴的です。
法月惣次郎氏の地元・焼津に里帰りした「8素子電波望遠鏡」の移設を記念し、除幕式を開催します。どなたでもご観覧いただけます。

【開催日】
8月4日(日)

【会場】
ディスカバリーパーク焼津天文科学館前庭

8素子電波望遠鏡  早稲田大学名誉教授 大師堂経明氏
1970年代後半から1980年代にかけて、短時間で細かな天体現象の変化をいろいろな方向から捉える世界初のデジタル観測システムの開発に挑んでいました。まずはホーンアンテナを用いた8素子電波望遠鏡を試作して、そのデジタル化を目指しました。電波を受信するホーンアンテナと赤道儀の製作は法月技研に依頼し、受信した観測データのデジタル処理はソニー(株)と共同開発しました。    

焼津市出身の望遠鏡づくりの名人  法月惣次郎氏
焼津市に生まれ自身の鉄工所を興し、名古屋大学からの依頼で、日本初の赤道儀式パラボラ電波望遠鏡を製作したのを機に、生涯300台以上の望遠鏡を製作しました。その卓越した技術は「日本には望遠鏡製作の秘密基地がある」と言われたほどでした。当館の県内最大口径80㎝反射望遠鏡は法月氏が最後に手掛けたものです。


時間

13:00~13:20

対象
どなたでも
料金
観覧無料


ページトップ