12月7日(火)本日は休館日

閉じる

イベント情報

固定ページ

イベント情報詳細

プラネタリウム
焼津・ホバート姉妹都市締結45周年記念事業
※平日は中止の場合あり / 当日要確認【生解説プラネタリウム】出航!マグロ漁船で南半球星空巡り
内容

「生解説プラネタリウム」は、当館スタッフが星や宇宙の話題を紹介するオリジナルプログラムです。「今夜の星空」と季節ごとに変わる「テーマ」を、スタッフの個性あふれる解説とともにお楽しみください。


遠洋マグロ漁船は、長い航海のなか、インドネシア、モーリシャス、さらに南アフリカと、さまざまな国に寄港します。寄港地だったことが縁でオーストラリア・ホバート市は焼津市と姉妹都市となり、2022年で45周年です。この街では、一年中、南十字星を見ることができます。マグロ漁船に乗って星空を巡る旅に出かけよう!
番組の前半では「今夜の星空」を紹介します。



ココが見どころ! その1
ミナミマグロはどこで捕れるの?どうやって捕るの?星を頼りにした天文航法を紹介!

ココが見どころ! その2
どこまで行けば南十字星は見えるの?他にはどんな星座があるの?美しい南半球の星空を紹介!

ココが見どころ! その3
オーストラリア・ホバート市はどんな街?焼津市と姉妹都市・ホバート市の魅力を紹介!



【投影日】
12月11日(土)~2022年4月10日(日)

【プラネタリウムご観覧の皆さまへのお願い】 【詳細はこちら】プラネタリウムご観覧の皆さまへ
※定員を各回 165人→ 各回 140人に減員しています。(変更の場合があります)
※新型コロナ感染拡大防止のため、投影スケジュールを変更する場合があります。
※10分前から入場を開始します。
※マスクの着用をお願いいたします。
※お静かにご観覧ください。
※投影終了後、換気と座席肘掛けの消毒を行います。

※体温調整のしやすい服装でご来館ください。(必要に応じてひざ掛け等をご持参ください。)



【着席のイメージ】 
プラネタリウムの椅子は背もたれが倒れるため、前後の間隔が近くなります。
また、小さなお子さまが保護者の膝上で観覧する場合もあります。


時間

平日は、団体予約のため投影が中止となる場合があります。お手数ですが、当日の朝、下記の「プラネタリウム投影スケジュール」でご確認の上、ご来館ください。
※途中入場はできません。
※投影時間は45分間です。

◆投影日、投影時刻はプラネタリウム投影スケジュールをご覧ください。
プラネタリウム投影スケジュール


対象
主に子ども(小学生以上)、大人(16歳以上)
料金
大人(16歳以上)600円、子ども(4~15歳)200円
※3歳以下のお子さまは無料となりますが、保護者の膝上で観覧をお願いします。

定員
各回140人(当日先着順)※定員は変更となる場合があります。
申込方法
開館時刻から、その日全ての回のチケットを販売します。


ページトップ