12月11日(水)本日は休館日

閉じる
ニュース&トピックス
ディスカバリーパーク焼津天文科学館 > ニュース&トピックス > 天文情報 > 12月14日(土)の夜に「ふたご座流星群」がピークを迎えます

12月14日(土)の夜に「ふたご座流星群」がピークを迎えます

月明かりがあってもあきらめないで!
12月14日の夜が観察のチャンス!

12月14日の夜から15日の未明にかけて、3大流星群の一つであるふたご座流星群が極大を迎えます。

国立天文台によると、今年のふたご座流星群の極大は、12月15日午前4時ごろと予想されていますが、ふたご座は、午後8時ごろには東の空に見えています。比較的早い時間から一晩中見ることができるのが、この流星群の魅力です。

例年、最も多いときで、時間あたりに40個くらい出現します。
ただ、今年は14日から15日にかけて、満月3日後の明るい月が夜空を照らしています。月明かりが暗い流れ星を見えづらくしてしまうので、残念ながら今年の観測条件はあまり良いとは言えません。それでも、流れ星に出会う確率を上げることはできます。

ふたご座流星群は、ふたご座の方向(図の「放射点」のあたり)から空全体の四方八方に流れます。今年は特に明るい月がありますので、月に背を向けたり、建物の影に入ったり、月が視界に入らないようにすると暗めの流れ星も見やすくなるでしょう。また、できるだけ広く空を見わたすようにしましょう。
なお、この日の夜ほどではありませんが、前後数日は、普段より多くの流れ星を見ることができます。

この機会に、月の光を浴びながら冬の美しい星空と流れ星を楽しんでみてはいかがでしょうか。

201712141時49分ふたご座流星群

参考ホームページ

国立天文台ホームページ「ふたご座流星群が極大(2019年12月)」(外部サイト)

ページトップ