12月12日(火)本日は休館日

閉じる
ニュース&トピックス
ディスカバリーパーク焼津天文科学館 > ニュース&トピックス > 天文情報 > 12月13日(水)~14日(木)に「ふたご座流星群」がピークを迎えます

12月13日(水)~14日(木)に「ふたご座流星群」がピークを迎えます

12月13日の夜から14日明け方にかけて活発に。
今年は月明かりもなく好条件。

12月13日の夜から14日の明け方にかけて、3大流星群の一つであるふたご座流星群が極大を迎えます。

ふたご座は、午後8時ごろには東の空に見えています。比較的早い時間から一晩中見ることができるのが、この流星群の魅力です。例年、最も多いときで、1時間あたりに40個くらい出現します。
今年のふたご座流星群の極大は、12月14日16時ごろと予想されています。しかし、その時刻は昼間のため、見頃となるのは、14日の0時過ぎ前後の数時間(13日の深夜から14日の明け方にかけて)になりそうです。

ふたご座流星群は、ふたご座の方向(図の「放射点」のあたり)から四方八方に流れます。できるだけ広く空を見わたすようにしましょう。
なお、この日の夜ほどではありませんが、前後数日は、普段より多くの流れ星を見ることができます。

国立天文台では、「ふたご座流星群を眺めよう 2017」キャンペーンを行います。12月12日の夜から15日の朝までの3晩の間に夜空を眺めて、流星がいくつ見えたかをインターネットで報告しましょう。
この機会に、冬の美しい星空と流れ星を楽しんでみてはいかがでしょうか。

参考ホームページ

国立天文台ホームページ「ほしぞら情報 ふたご座流星群が極大(2017年12月)」(外部サイト)
「ふたご座流星群を眺めよう 2017」 キャンペーンサイト(外部サイト)

ページトップ