ニュース&トピックス
ディスカバリーパーク焼津天文科学館 > ニュース&トピックス > 天文情報 > しぶんぎ座流星群(1月3日~4日・条件は非常に良い)

しぶんぎ座流星群(1月3日~4日・条件は非常に良い)

新春の夜空を飾る流星群。
1月3日夜から4日明け方にかけて活発に。

660_20170103sibungi
13日の夜から4日の明け方にかけて、三大流星群の一つであるしぶんぎ座流星群が極大を迎えます。聞きなれない「しぶんぎ座」という星座は、今では使われていない「壁面四分儀(へきめんしぶんぎ)座」に由来しています。現在のりゅう座のあたりです。

2017年のしぶんぎ座流星群の極大は、1323時頃と予想されます。この前後に活動が最も活発になります。日本では、放射点(流星が放射状に飛び出してくるように見える天球上の1点のこと)が高くなる4日未明が観察に適した時間帯となりそうです。極大とは少しずれますが、月明かりの影響もなく、比較的よい観察条件です。空の暗い場所では、1時間あたり最大35個程度の流星が見られると予想されます。

年始め、少し早起きをして、流星の流れる空を楽しんでみませんか。

参考ホームページ

国立天文台ホームページ「ほしぞら情報 しぶんぎ座流星群(2017年1月)」(外部サイト)

ページトップ