12月12日(火)本日は休館日

閉じる

ディスカバリーパーク焼津について

望遠鏡づくりの名人 法月惣次郎

焼津が生んだ世界的望遠鏡製作者 法月惣次郎

南米チリの標高5000mの高地に電波望遠鏡群ALMA(アルマ)が製作されるなど、現在、日本の電波天文学は世界トップクラスです。かつて、多くの電波望遠鏡を製作し、職人としてその発展を支えたのが法月惣次郎さんです。
法月惣次郎さん(1912年~1995年)は、1951年名古屋大学からの依頼で日本初の赤道儀式太陽電波望遠鏡を製作しました。その後、全国の大学や研究所などに350台あまりの望遠鏡を製作し、日本の天文学の発展に大いに貢献しました。晩年には光学式望遠鏡も手がけ、法月さんが最後に製作した望遠鏡が当館の大型望遠鏡です。

法月惣次郎さん 概略

1912年(明治45年)、法月惣次郎さんは、和田村(現焼津市)に生まれました。和田村立和田高等学校を卒業後、鍛冶屋に丁稚奉公し職人としての人生を始めます。25歳で独立し、自身の鉄工所を興しました。その後、島田理化工業の下請けの縁で1949年(昭和24年)名古屋大学から電波望遠鏡製作の依頼を受けます。1951年(昭和26年)、愛知県豊川市に完成したこの望遠鏡は日本初の赤道儀式太陽電波望遠鏡でした。

当時は珍しいオートバイで焼津・豊川間を往復

日本初の赤道儀式パラボラ電波望遠鏡

日本には電波望遠鏡製作の秘密工場がある!?

その卓越した技術と実直な人柄が多くの天文学者から支持され、法月さんは、東京大学や早稲田大学など多くの大学や研究所に350台以上もの電波望遠鏡を製作しました。当時、電波天文学の発展は目覚ましく、「日本には秘密工場があるのか?」と言われるほどでした。

かつての名古屋大学空電研究所 ここに法月さんが製作した望遠鏡は120台以上です。

1957年東京大学東京天文台(現・国立天文台三鷹)に納めた1.2mの電波望遠鏡

光学式望遠鏡は9台製作

晩年、法月さんは、人が直接目で覗くことができる「光学式望遠鏡」を製作しました。9台の光学式望遠鏡のうち当館の望遠鏡を含め6台が現在も稼働中です。

①井原市星空公園(海上保安庁旧美星水路観測所/岡山県井原市)
1975年製作 口径60cm
http://www.bao.go.jp/hoshizora/
②にちはら天文台(島根県津和野町)
1985年製作 口径75cm
http://www.sun-net.jp/~polaris/top.htm
③栃木県立子ども総合科学館(栃木県宇都宮市)
1987年製作 口径75cm
http://www.tsm.utsunomiya.tochigi.jp/
④美星天文台(岡山県井原市)
1993年製作 口径101cm
http://www.bao.go.jp/

駿台学園高等学校軽井沢一心荘
1984年製作 口径75cm 一般向けの公開は行っていません。

法月惣次郎(1912年~1995年)

1987年吉川栄治文化賞受賞記念写真

1993年、ディスカバリーパーク焼津の望遠鏡完成を記念して撮影された写真法月さんの自宅工場にて

法月惣次郎さん 略歴

年 代 法月氏の出来事
1912(明治45)年1月1日 和田村で、父桂作と母いくの長男として生まれる
1924(大正13)年3月 和田村立和田高等小学校6年卒業
1926(大正15)年3月 和田村立和田高等科2年卒業
1926(大正15)年4月 焼津町の松永重兵衛さんで7年間の丁稚奉公
1936(昭和11)年4月 法月鉄工所を開業
1949(昭和24)年2月 名古屋大学空電研究所から、電波観測用のパラボラアンテナ(電波望遠鏡)を初めて受注し、試作に着工。
1951(昭和26)年 名古屋大学空電研究所に赤道儀式太陽電波望遠鏡1号機を初納入
1987(昭和62)年4月 吉川栄治文化賞受賞(75才)
1988(昭和63)年4月 科学技術長官賞受賞
1990(平成 2)年12月 宇宙電波懇談会賞受賞
1993(平成5)年3月 焼津市に口径80cm天体望遠鏡を納入
1995(平成7)年3月12日 83才にて永眠

法月惣次郎さん 製作望遠鏡一覧

設置年 設置先 望遠鏡・架台・その他 現在の状況
1 1951年 名古屋大学空電研究所 3.75GHz・2.5m強度計1基
日本初の赤道儀式太陽電波望遠鏡
1957年に作り替え(11)
2 1952年 東京大学東京天文台
現・国立天文台
3GHz・2m1基 1962年停止
3 1953年 名古屋大学空電研究所 4GHz・1.5m干渉計5基 1968年停止
4 1954年 名古屋大学空電研究所 4GHz・1.5m干渉計3基(合計8基) 1968年停止
5 1955年 東京大学東京天文台
現・国立天文台
太陽電波望遠鏡 不明
6 1956年 文部省国立科学博物館
現・国立科学博物館
1.5m太陽電波望遠鏡1基 不明
7 1956年 名古屋大学空電研究所 3.75GHz・1.5m強度偏波計1基 1979年作り直し (45)
8 1956年 名古屋大学空電研究所 9.4GHz・1.2m強度偏波計1基 1979作り直し(45)
9 1957年 東京大学東京天文台
現・国立天文台
9.5GHz・1.2m強度偏波計1基 不明
10 1957年 名古屋大学空電研究所 1GHz・3m強度偏波計1基 1979年作り直し(45)
11 1957年 名古屋大学空電研究所 2GHz・2.2m強度偏波計
(1951年製作の2.5m強度計を改修)
1979年作り直し(1)(45)
12 1958年 名古屋大学空電研究所 3.75GHz・1.5m強度偏波計1基
(八丈島金環観測用に移動可能)
1959年停止
翌年9.4GHzに部品の一部を使用
13 1959年 名古屋大学空電研究所 9.4GHz・1.2m干渉計8基 1966年分解しオワンを新設(22)
14 1961年 名古屋大学空電研究所 9.4GHz・1.2m干渉計8基
(合計16基に)
1966年分解しオワンを新設(22)
15 1961年 名古屋大学空電研究所 9.4GHz・1.2m干渉計8基
(合計16基に)
不明
16 1962年 名古屋大学空電研究所 9.4GHz・3m干渉計2基
(旧9.4GHz干渉計 合計18基に)
1966年分解しオワンを新設(22)
17 1964年 東京大学東京天文台
現・国立天文台
17GHz・0.8m強度偏派計 1972年停止
18 1964年 東京大学東京天文台
現・国立天文台
17GHz・1.2m干渉計12基
(1970年野辺山に移設。1978年改良)
1992年停止(30)
19 1965年 名古屋大学空電研究所 1GHz、2GHz、3.75GHz偏派計用
ホーンアンテナ
不明
20 1965年 名古屋大学空電研究所 1GHz・5m干渉計3基 不明
21 1965年 名古屋大学空電研究所 9GHz絶対測定用ホーンアンテナ 不明
22 1966年 名古屋大学空電研究所 9.4GHz・2mを32基、3mを2基の干渉計(合計34基)。1959年、1961年、1962年のオワンを作り替える 1994年停止(13)(14)(16)
23 1966年 郵政省電波研究所平磯支所(現・通信情報研平磯太陽観測センター) 10m電波望遠鏡 不明
24 1967年 名古屋大学空電研究所 3.75GHz・3m干渉計34基 1994年停止
25 1968年 名古屋大学空電研究所 太陽電波望遠鏡(1.5m位) 停止時期不明。当館のモニュメント
26 1968年 東京大学東京天文台三鷹(現・国立天文台三鷹) ミリ波6m電波望遠鏡(架台のみ) 鹿児島市平川町錦江湾公園へ移設
稼動中
27 1968年 東京大学東京天文台三鷹(現・国立天文台三鷹) 35GHz・0.3mアンテナ 不明
28 1969年 郵政省電波研究所 衛星磁気モーメント測定装置 1974年停止
29 1969年 名古屋大学空電研究所 9.4GHz・1.2m干渉計16基(合計52基) 1994年停止
30 1970年 東京大学東京天文台野辺山 17GHz・1.2m干渉計14基 1992年停止。展示物として改修(1台は当館天文台に)(18)
31 1970年 東京大学東京天文台野辺山 160MHz・8m複合干渉計3基
160MHz・6m複合干渉計14基
1989年停止6m西はりま天文台でモニュメントに
32 1970年 名古屋大学理学部 35GHz干渉計16基 不明
33 1970年 名古屋大学空電研究所
鹿児島宇宙空間観測所
5GHz・1.2m電波望遠鏡1基 不明
34 1970年 木更津工業高等専門学 1.5m電波望遠鏡 稼働中
35 1973年 京都大学理学部上松観測所 1.1m赤外線赤道儀式望遠鏡
日本初の赤外線望遠鏡
停止
西はりま天文台で展示
36 1974年 東京大学宇宙研究所内之浦実験場(現・宇宙航空研究開発機構内之浦宇宙空間観測所) 60cm反射式望遠鏡 2009年撤去
37 1974年 名古屋大学空電研究所 3.75GHz・3m干渉計17基(1967年製作の34基と合わせて計51基) 1994年停止
38 1974年 建設省国土地理院 40cmレーザー望遠鏡 不明
39 1975年 東京大学東京天文台堂平観測所(現・堂平天文台(都幾川村所管)) 3.8m月レーザー望遠鏡
1992年よりオーストラリアに移設。ガンマ線望遠鏡として改良し使用された。
停止
40 1975年 宇宙開発事業団筑波宇宙センター(現・宇宙航空研究開発機構つくば宇宙センター) 磁気観測装置4基 不明
41 1975年 海上保安庁伊豆白浜観測所 60cm赤道儀式反射式望遠鏡
海上保安庁旧美星水路観測所へ移設
井原市星空公園にて稼動中
42 1976年 環境庁国立公害研究所
現・国立環境研究所
1.5mレーザ゙ーレーダー望遠鏡 不明
43 1977年 東京大学東京天文台野辺山 7~600MHz・8m動スペクトル計
1994年一旦停止。みさと天文台へ。2006年パラボラを新しくし稼動させる
みさと天文台にて稼動中
44 1978年 東京大学東京天文台野 17GHz・0.85m強度偏波計 稼働中(17)
45 1979年 名古屋大学空電研究所 1GHz・85cm、2GHZ・1.5m、3.75GHz・2m、9.4GHz・3mの強度偏派計を作りなおし 3.75GHzは1994年。それ以外は野辺山で稼働中
(7)(8)(10)(11)
46 1979年 海上保安庁下里水路部観測所 62cm赤道儀式反射式望遠鏡 2013年10月から香川県の望遠鏡博物館で保管 (停止年不明)
47 1981年 東京大学東京天文台野 90GHzミリ波太陽電波望遠鏡 停止
48 1982年 名古屋大学理学部 4mミリ波電波望遠鏡 停止
49 1983年 東洋大学工学部 4mミリ波電波望遠鏡 停止
50 1983年 東京大学東京天文台野 35GHz・0.3m強度偏波計 稼動中
51 1984年 東京大学東京天文台野辺山 80GHz・0.25m強度偏波計
(35GHzの両隣に取付)
稼動中
52 1984年 北軽井沢駿台天文台 75cm経緯儀式反射式望遠鏡 稼動中
53 1985年 東京ガス 30cmレーザーレーダー望遠鏡 不明
54 1985年 日原(にちはら)天文 75cm経緯儀式反射式望遠鏡 稼動中
55 1987年 栃木県子ども総合科学 75cm赤道儀式反射式望遠鏡 稼動中
56 1990年 早稲田大学理工学部
現・早稲田電波宇宙物理観測所
2.4m電波望遠鏡64基 稼動中
57 1993年 美星天文台 101cm赤道儀式反射式望遠鏡 稼動中
58 1993年 ディスカバリーパーク焼津天文科学館 80cm赤道儀式反射式望遠鏡 稼動中

その他の納入先

東京大学東京天文台木曽観測所、中部工業大学、山形大学理学部、上智大学、
NHK技術研究所、電電公社通信研究所、三菱電機鎌倉工場、日本電子、日立電子
郵政省電波研究所、JAXAクリスマス島ダウンレンジ局(架台のみ) 他

参考

「宇宙へのパイオニア」、野辺山宇宙電波観測所ホームページ、
天文月報、国立天文台ニュース、名古屋大学機関誌、JAXA広報誌 他

ページトップ